1. ホーム
  2. 節約術
  3. ≫3.2%のポイントが貯まる?旅行でクレカを使うならリクルートカードがオススメの理由

3.2%のポイントが貯まる?旅行でクレカを使うならリクルートカードがオススメの理由

年1で行く義実家との旅行のホテル代をリクルートカードで支払っています。うちは夫婦に子供2人、そして義父母の6人の部屋代になるので、総額は10万くらいかかります。

リクルートカードは100円につき1.2%分のリクルートポイントが貯まり、貯めたポイントはリクルートの関連サービスに利用できます。

そして関連サービスの中に「じゃらんnet」があり、じゃらんは言わずもがな日本最大級の宿・ホテル予約サイトです。

じゃらんでネット予約を行いリクルートカードで支払うと、通常の1.2%のポイントに加え、2.0%ポイントが貯まるので、合計3.2%還元となります。

我が家は毎年リクルートカードを使ってじゃらんネットで予約をしているので、約10万円の利用で3200円のポイントが貯まっています。これはかなり大きな還元で、次回の予約時にポイントを使うことで大きなメリットになています。

実際義父母は自分たちの分のホテル代は支払ってくれているので、ポイントだけ拝借というありがたい状態にさせてもらっています。

この還元率であれば、どなたとの旅行であってもまとめてカードで支払い、同行者にポイント分くらいは引いた額で請求するのも、どちらにも利益があるので良いのではないかと思います。

また旅行をする際のリクルートカードのメリットとして、海外も国内も旅行傷害保険が付帯されていることがあげられます。

国内の旅行傷害保険というのはクレジットカードではとても珍しく、それも「じゃらん」を持つリクルートならではのサービスであるとも言えます。

国内の旅行傷害保険の補償は最高1000万円で、死亡、高度障害のみになるので、利用することにはなりたくない制度ではありますが、万一の時の保険として持っている安心感にはなります。

ただ利用付帯という形になるので、旅行先のホテル代、もしくは新幹線や飛行機など交通の代金をカードで支払う必要があります。

我が家の場合は、ポイントを貯めるためホテル代をカードで支払っているので、そのことで旅行傷害保険の対象になっています。またカード名義者だけではなく、同行する家族も対象になっています。

このように、3.2%という高還元率のポイントが目当てでカードを使用してますが、+αで旅行傷害保険までつくという、旅行で使用するには最高のカードだと思っています。

さらに年会費は無料なので、定期的に旅行をされる方は持っていて損はありません。

旅行というイベントで毎年の高額な支払いは家計としては痛い出費ではありますが、ポイントがついて次回また安く泊まる事ができるという利点があり、楽しみの1つにもなっています。

>>リクルートカードの公式サイトはこちら

\【本日限定】Tポイントが最高還元/


>>Yahoo! JAPANカードの申し込みはこちら
※カード入会特典が今日なら10,000円相当

お役に立てばシェアしてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。