1. ホーム
  2. 節約術
  3. ≫プラン見直しとクレカ活用で携帯電話料金を抑える5つのテクニック

プラン見直しとクレカ活用で携帯電話料金を抑える5つのテクニック

携帯の電話料金を毎月8,000円以上支払っている方は、携帯電話料金を抑える5つのテクニックを使うことで大幅に安くすることが可能です!

三大キャリアの場合でも3,000円台、もっと安く利用する方法を使えば毎月500円以下になります。ぜひ現在支払っている電話料金の明細と見比べてみてください。

\カード入会特典は今だけ10,000円相当/


>>Yahoo! JAPANカードの申し込みはこちら

【基本】キャリア携帯はプランの見直しをして通話料を2,700円にする

ドコモ、au、ソフトバンクの三大キャリアで契約されている方は、料金プランの見直しを行うだけで予想以上にお得になることがあります。しばらく見直しを怠っているという方はぜひチェックをしましょう。

この3つのキャリアが提供するプランの料金はほぼ同額となっています。1つのキャリアが値下げを行った場合はほかのキャリアも見直しがされる可能性が高いので、注目をしておきましょう。

とくに毎月50分以上の通話を行っている人は通話料を2,700円に抑えるプランに変更をすることができます。そのほかにも適応するサービスがあれば利用をしてみましょう。

通話もほとんど使わないという人はさらに下のプランを選びましょう。こちらは5分を超えた場合は30秒につき20円の通話料がかかりますが、5分以内は無料となっています。

各キャリアの料金プランは次のようになっています。ご自分にぴったりのプランがわからない場合は窓口に行くか、電話でのサービスを利用をして相談をしてみましょう。

ドコモ

カケホーダイプラン・・・2,700円(国内通話が24時間無料)

カケホーダイライトプラン・・・1,700円(5分以内の通話が無料)

au

カケホ・・・2,700円(国内通話が24時間無料)

スーパーカケホ・・・1,700円(5分以内の通話が無料)

ソフトバンク

スマ放題・・・2,700円(国内通話が24時間無料)

スマ放題ライト・・・1,700円(5分以内の通話が無料)

家族割サービスを利用して通話無料にする

家族内での通話を頻繫に行う人は、登録を行った家族間の通話が24時間無料になる家族割引を利用をするとお得です。

各キャリアで基本料金980円の割引サービスが行われています。離れて住む家族も利用ができ、10人まで登録ができるなど使い道をよく考えて利用をするとより通話料が安くなります。

残ったデータ容量をシェアしてお得に

毎月の電話料金をいかに安くするかは、データ容量を上手に使うかがポイント。まずは毎月の通信料と使用データ容量を確認をしましょう。

もし3G以下しか使っていない場合は1Gや2Gの低いデータ定額プランに変更すると月々の料金を下げることができます。

例)auの場合。

スーパーカケホ1,700円+データ定額2,900円+インターネット接続サービス300円=月額料金4,900円

通話料と通信料を最低プランに見直すことで、月々の料金を5,000円以下に抑えることが可能です。

また、使い切らなかった分のデータ容量を翌月にくりこしができる、くりこしサービスも各キャリアで行われています。家族間ならシェアすることができるシェアパックなどを利用することで、無駄なく使うことができます。

セット割を利用する

3大キャリアを使うのなら、インターネット回線も同キャリアでまとめるとセット割引きが利用できます。

たとえばドコモなら「光セット割」というものがあり、ネット回線とスマホの料金をまとめることで800円~3,200円/月(戸建ての場合)が割引きされます。

格安SIMなら440円から利用可能!

ドコモ、au、ソフトバンクの三大キャリアではなく格安SIMを選ぶことで、月々の電話料金を1,000円以下に抑えることができます。

ただし通話料が3大キャリアよりも割高となり、地域によっては回線速度の遅さが気になるなどのデメリットもあるのでご自分に合うものを選ぶ必要があります。

ここでは11社の最安データプランと3Gプラン、最安通話料を比較しています。企業によってはデータ通信と通話料のセット料金となっている場合もあるので、ご自分のライフスタイルに合うデータ容量と通話料を選択しましょう。

通話をよく使うか、インターネットだけを使いたいのかで選び方が変わります。

それぞれ細やかなサービス展開となっていますが、三大キャリアからの乗り換えでお得になるプランもあります。また、どの回線を使用するかで通信速度も変わります。ご自分の地域に合うものをしっかりと見つけましょう。

最安データプラン 3Gプラン 最安通話料(月)
楽天モバイル  525円  900円(3.1G)  1,980円
mineo  700円  900円  840円
UQ mobile  980円  -  1,980円
IIJmio  900円  -  600円
U-mobile  680円  -  1,580円
BIGLOBE SIM  900円  -  650円
NifMo  900円  -  1,600円
nuro mobile  700円  900円  800円
DMM mobile  440円  850円  1,140円
Y!mobile  1,480円(通話込み)  2,980円(通話込み)  934円
OCNモバイル ONE  900円  1,100円  1,980円

(2017年10月調べ)

楽天モバイルで格安スマホを利用するとお得!

新しいスマホへの機種変更を考えている方は、格安スマホを選ぶと本体が3万円前後で手に入ります。格安SIMとセットで購入をしてセット割引を狙うこともポイント。

中でも楽天モバイルなら、新品アンドロイドが3年契約をすることで実質0円で手に入ります。おサイフケータイと防水機能付きの端末もあり、さらに楽天ポイントが最大10,000ポイント付与されるものまであります。

キャンペーンを狙うとiPhone本体が2万円割引きで手に入ることもあるので、チェックをしましょう。

楽天会員なら月額基本料金が1年間1,000円割引きとなり、ダイヤモンド会員なら1,500円割引きになります。

また、楽天ポイントを楽天モバイルの支払いに利用ができるのも便利です。楽天カードを申し込むと5,000円相当のポイントが付与され、支払い方法に楽天カードを指定をするとさらに2,000円相当が付与されます。

端末購入代と電話料金代にポイントが使えるのでとてもお得です。この機会に楽天カードを作っておくのもいいですね。

 

【お知らせ】当サイトからの申込みが1番多いクレカ

>>https://www.rakuten-card.co.jp/

※年会費無料カードの中でポイント還元率が1%の人気カード

通話アプリを使って料金を格安に抑える!

格安SIMを手に入れても無料通話時間が5分以内だったりすると長電話をすることができません。この場合は通話アプリを使うことで通話料金を驚くほどお得に使うことができます。

通話アプリというものは、ネット回線や特定の電話回線を使って通話ができるアプリです。3大キャリアを使っている人でも利用可能です。

通信環境によって通信品質が落ちたり、緊急電話(119や110など)やフリーダイヤルが利用できないなどのデメリットもありますが、これを踏まえた上でも電話料金を大幅にカットすることができます。

ここでは人気通話アプリの特徴をご紹介していきます。

LINEでんわ

「LINEでんわ」は、ネット回線を使った音声通話のほかに、ビデオ通話やグループ通話が全て無料でできるのが特徴です。とくにグループ通話は最大200人と同時に会話ができるとあり、友達同士やビデオ会議などに利用することができます。

iPhoneならLINEでんわにかかってきた着信も、通常の着信のように受けることができます。

ただしデータ通信料金が発生するので、お互いがWi-Fiの使用ができる環境で利用をした方が通話料が実質0円になります。

楽天でんわ

「楽天でんわ」の最大の特徴は、電話回線を使って通話ができるので途切れることがないということです。通話料は無料ではありませんが、10円/30秒と大変お得です。国際電話も同じ値段で利用ができます。

3大キャリアを利用している方なら半額の通話料となるので、ビジネスで頻繫に利用をする方にもおすすめです。

楽天でんわの支払い方法は楽天カードのみ。通話料100円につき楽天ポイントが2ポイント付与されるので、貯まったポイントをお買い物に使うこともできます。

050plus

NTTが提供をする「050plus」というアプリは月額300円(税抜き)がかかりますが、アプリ同士での通話は無料。050で始まるIP電話との通話も無料で利用がでいます。

携帯への通話料は17.28円 /1分、固定電話へは8.64円 / 3分で、国際電話についても同じ金額で利用ができます。

OCNモバイルONE音声対応SIMを使えば、アプリの基本使用料は無料になります。

ネットはWi-Fiを利用して最安料金を狙う

毎月の電話料金をいかに安くするかは、いかにデータ通信量を抑えるかがコツ。ご家庭にネット回線を引いている方はWi-Fiを利用をしてスマホを利用することを基本的な使い方だと思いましょう。

三大キャリアで契約をしている方でも、この方法にするだけで最安データプランを選択することができます。2Gまでなら2,000円前後のデータプランとなり、これに1番安い通話プランをセットをすると月々の料金が5,000円以下になります。

通話料は通話アプリを利用することで大幅にカットができます。できる限りWi-Fi環境のある場所で通話をすることで、毎月の電話料金を3,000円台にすることは可能です。

毎月10,000円以上支払っている人は7,000円以上カットすることができます。ぜひ環境や使い方の見直しを行ってみてください。

外で動画は見ない

Wi-Fi環境がない場所では動画は見ないようにするだけでデータ容量を大幅に下げることができます。

外出先で動画を見たい場合は予めダウンロードをしておくことで、無駄なデータ通信を行わずに済みます。動画がダウンロードができるアプリを使うことでWi-Fiがない場所でも通信をせずに見ることができます。

また、アプリの設定を「Wi-Fiがない場所での使用を不可」にすることで、さらに無駄な通信を行わないようにできます。

無料Wi-Fiスポットを利用する

コンビニや公共の場所に設置してある無料Wi-Fiスポットを利用しましょう。最近ではこのような無料でネットが利用できる場が増えています。

身近な場所にどのくらいあるのかを把握しておくことで、いざという時にもデータ通信を使わずに無料で利用ができます。

まとめ

毎月の電話料金を8,000円以上払ってしまっている人は非常にもったいないということが分かりました。生活にかかせないものだからこそ、安くなる方法を利用するべきです。

使い方をちょっとだけ変えるだけでももしかすると今の電話料金の半額以下になる可能性もあります。ぜひお試しくださいね!

\カード入会特典は今だけ10,000円相当/


>>Yahoo! JAPANカードの申し込みはこちら

お役に立てばシェアしてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。