1. ホーム
  2. 節約術
  3. ≫ソフトバンク光の利用料金が安くなる5つの方法と割引キャンペーン情報

ソフトバンク光の利用料金が安くなる5つの方法と割引キャンペーン情報

ソフトバンク光のわかりにくい月額料金や割引額について、他社と比較をしながらメリット・デメリットをまとめました。

ソフトバンク光の利用料金が安くなる5つの方法と割引キャンペーン情報をご紹介していきます。ぜひご参考にしてください。

>>ソフトバンク光の公式サイトはこちら

\カード入会特典は今だけ10,000円相当/


>>Yahoo! JAPANカードの申し込みはこちら

ソフトバンク光の基本情報

SoftBank(ソフトバンク)が提供をする光回線には「Yahoo!BB 光 withフレッツ」という商品がありました。こちらは表向きはソフトバンクとの契約ですが、プロバイダーはYahoo!になります。

ソフトバンク光はプロバイダーもソフトバンクになります。月額基本料金にはプロバイダー料金が含まれているのでとてもわかりやすく、その分安くなっています。

すでにケータイやスマートフォンをソフトバンクで利用している方は割引が適用されるのでかなりお得になります。

しかし、基本的な月額料金は一体いくらなのかがわかりにくく本当にお得になるのかが不安になりますね。

ここからは、基本的な費用や月額料金、ケータイやスマートフォンとの併用でどのくらいお得になるのかをまとめていきます。

初期費用

契約事務手数料
ソフトバンク光を新規にお申し込みの方 3,000円
Yahoo!BBからのサービス変更をされる方 3,000円

新規に申し込む方は契約事務手数料3,000円が初回料金に加算されます。また、東日本から西日本エリアへ引っ越しをする場合についても3,000円が発生します。

開通工事費

・「フレッツ 光ネクスト」を利用している(転用手続き)、NTT西日本のBフレッツ、フレッツ・光プレミアムから変更する場合・・・工事費不要

・それ以外のフレッツを利用、または利用していない、インターネットを利用していない場合は次の工事費がかかります。

工事費
光ファイバー導入なし住宅(立会い工事あり) 24,000円
光ファイバー導入済み住宅(立会い工事なし) 2,000円

お住まいの住宅やマンションに光ファイバー導入されているか・されていないかによってかかる工事費は大きく変わります。

戸建て住宅の月額料金

戸建て住宅の月額基本料金は契約年数によっても違いがあります。

回線タイプ プラン 月額料金

ファミリー・ギガスピード
(東日本エリアのみ)
ファミリー・スーパーハイスピード
(西日本エリアのみ)
ファミリー・ハイスピード
ファミリー

5年自動更新プラン 4,700円
2年自動更新プラン 5,200円
ファミリー・ライト 2年自動更新プラン 3,900円~5,600円(従量部分の通信料:24円/100MB)

契約満了月以外に解約をした場合、5年自動更新プランの場合は15,000円、2年自動更新プランの場合は9,500円が発生します。

マンション(集合住宅)の月額料金

戸建てに比べて集合住宅の場合は1,400円安い月額料金となっています。

回線タイプ プラン 月額料金
ファミリー・ギガスピード(東日本エリアのみ)
ファミリー・スーパーハイスピード(西日本エリアのみ)
ファミリー・ハイスピード
ファミリー
2年自動更新プラン 3,800円

集合住宅は回線を共有することで戸建てよりも安く設定されています。

①ソフトバンク光の最大メリット「おうち割光」でお得になる!

ソフトバンク光の最大メリットは「おうち割光」での割引です。

ソフトバンクの携帯料金とネット回線料金の請求が1本化することで合計月額料金が大幅値下げされるという割引サービスとなっています。

しかし最大2,000円が月額料金から割引されるのが売りとなっていましたが、今現在(2017年11月)では毎月1,522円へと下がりました。この理由についても合わせてご紹介していきます。

「おうち割光」適用後の月額料金を比較

ソフトバンクでご契約のケータイやスマートフォン、タブレットを利用している方は「おうち割光」が適用されるので、実質的に月額料金が安くなります。

■契約プランによって割引額は違う!

割引額は契約をしているプランによって変わります。

定額プラン 3GB 5・20GB 50GB
割引額(毎月) 500円 1,522円 1,080円

低いデータプランを契約をしている人は割引額はオプション料金と同額の500円であり、プラスマイナスゼロということがわかります。

損はありませんが、定額プランの容量が大きい方がよりお得になります。ただし50GBよりも一般的な5・20GBに契約をしている方が1番割引率が高いです。

実際にいくらになるのかを見ていきましょう。

■戸建て住宅(2年契約更新プラン利用の場合)

回線タイプ 契約プラン 月額料金

ファミリー・ギガスピード(東日本エリアのみ)
ファミリー・スーパーハイスピード(西日本エリアのみ)
ファミリー・ハイスピード
ファミリー

 

3GB 基本料金5,200円―割引額500円=4,700円
5GB・20GB 基本料金5,200円ー割引額1,522円
3,678円
50GB 基本料金5,200円ー割引額1,080円
4,120円
ファミリー・ライト 3GB 基本料金3,900円~5,600円―割引額500円
3,400円~5,100円
5GB・20GB 基本料金3,900円~5,600円ー割引額1,522円
2,378円~4,078円
50GB 基本料金3,900円~5,600円ー割引額1,080円
2,820円~4,520円

速度回線の早いファミリー・ハイスピード以上での契約とギガモンスター(20GB)での利用なら基本月額料金は3,678円となります。

ギガモンスター(20GB)6,000円(月額)+光回線料金3,678円=9,678円が携帯料金と合わせた基本的な月額料金です。

■マンション(集合住宅・2年契約更新プラン利用の場合)

回線タイプ 契約プラン 月額料金
ファミリー・ギガスピード
(東日本エリアのみ)
ファミリー・スーパーハイスピード
(西日本エリアのみ)
ファミリー・ハイスピード ファミリー
3GB 基本料金3,800円―割引額500円
3,300円
5GB・20GB 基本料金3,800円―割引額1,522円
2,278円
50GB 基本料金3,800円―割引額1,080円
2,720円

集合住宅にお住まいの方でギガモンスター(20GB)の契約プランをしている場合は基本月額料金は2,278円となります。

ギガモンスター(20GB)6,000円(月額)+光回線料金2,278円=8,278円が携帯料金と合わせた基本的な月額料金になります。

「おうち割光」はソフトバンク以外でも対象

ケータイやスマートフォンやタブレットをソフトバンク以外で契約している場合でも「おうち割」は適用されます。

  • ソフトバンク光でY!mobileの携帯・タブレット・ポケットWi-Fiの利用
  • NURO光でソフトバンクのケータイ・タブレットの利用

ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクについては対象外となっています。

ソフトバンク光のわかりにくい「オプションパック」とは?

NTTのフレッツ光からソフトバンク光へ転用した人で「ソフトバンク光にして料金が以前より高くなった」というデメリットに感じた人の口コミを見かけることがあります。

初回料金のみ事務契約手数料の3,000円が追加されます。これによって7,000円前後の請求が来ますが、翌月からは基本月額料金になります。

しかし請求書にはさらに「オプションパック」の月額500円が追加されています。これは一体何でしょうか?

500円の「オプションパック」とは?

実際に請求書を確認すると月額料金以外にも「オプションパック月額利用料(セット割)」が発生します。

■オプションパックの中身

  • 光BBユニットレンタル(ルーター)
  • Wi-Fiマルチパック(Wi-Fiを飛ばす機種)
  • 光電話

この3つですが1つ1つ見ると、ネット環境を整えるには必要なものです。

光電話については、固定電話を持たないご家庭なら携帯電話以外に市外局番の番号が持てるようになるので意外と重宝します。

これを含めて月額500円(税込540円)なら特に損はないと言えるでしょう。

■「おうち割光」を適用させる必須オプションである

オプションなど付けた覚えはないと感じる方もいるでしょうけど、これはおうち割光を適用させるために入る必須オプションとなっており、とくに申告しなければ自動的に加入されます

ただ、これに加入をしないとおうち割光が適用されずに割引が利用できなくなります。

なぜ「ウルトラギガモンスター50GB」の割引額が低いのか?

これは「ウルトラギガモンスター50GB」での基本料金が月額7,000円と従来の基本料金より1,000円お得になっていることから、おうち割光の割引率が低く設定されています。

他社では30GBで月額8,000円~となっているので、ソフトバンクの大容量プラン自体がかなり安く、その分おうち割光の割引率は控えめになっていると考えられます。

月額合計料金がいくらになるのかを考えながら、ケータイやスマートフォンと光通信サービスのバランスを取るようにしましょう。

②家族の人数が多いほど「おうち割光」がお得になる!

家族みんなでソフトバンクを利用している場合はそれぞれの契約におうち割光が適用されるので、これなら1番低い3GBでも1人につき500円が割引されるのでお得になります。

例)家族4人「ギガモンスター(20GB)」に契約をしている場合。

1人につき毎月1,522円割引×4人=毎月6,088円お得

6,088円が毎月の料金から割引されるのはかなり大きなメリットです。2年間使い続けると合計36,528円お得になる計算です。

家族会員がソフトバンクへ契約していることが条件なので、別のキャリアを使っているご家族がいれば乗り換えをして合わせた方がお得度は高いです。

離れて住む家族や遠い親せきもOK!

「おうち割光」へは離れて住む家族や遠くに住む親せきもみんなで加入することができます。

上京した子供や実家の両親にも声をかけ、できるだけ1つのグループにすることで家族みんながお得になります。

同キャリアを使うことでわからないことも教え合うことができるのもメリットです。

③無駄なオプションは解約をする!

■ソフトバンク光へが提供するオプション

  • ホワイト光電話・・・月額467円~
  • BBフォン
  • ホワイトコール24
  • 光電話(N)・・・月額500円
  • 光電話機能・・・月額372円
  • ひかり電話機能・・・月額372円
  • 光BBユニットレンタル(オプションパック月額500円)
  • Wi-Fiマルチパック(オプションパック月額500円)
  • 無線LANパック(オプションパック月額500円)
  • 公衆無線LAN(おでかけアクセス)
  • モバイル接続サービス(おでかけアクセス)
  • 海外ローミング(おでかけアクセス)
  • ダイヤルアップサービス
  • ホームゲートウェイ(N)/無線LAN(N)・・・月額450円/300円
  • ソフトバンク光テレビ
  • 愛媛CATV&SoftBank光
  • 地デジチューナー(R)
  • ひかりTV・・・月額1,000円~
  • スカパー・・・月額1,833円~
  • Netflix・・・月額別途料金
  • BBセキュリティ
  • BBサポートワイドサービス
  • BBお掃除&レスキュー・・・別途料金
  • BBライフホームドクター・・・別途料金
  • リモートサポートサービス(N)・・・別途料金
  • Yahoo!BB基本サービス
  • とく放題(B)・・・月額500円
  • BBマルシェby大地を守る会・・・別途料金
  • BBソフト・・・月額300円~

なんとオプションサービスはこんなにもたくさんあります。「おうち割光」で契約をする「オプションパック月額500円」以外のオプションで不要なものはないでしょうか。

契約時におすすめをされるままにオプションに契約をしてしまい、使わないまま利用料金だけ支払っている場合はオプションの解約をすることをおすすめします。

オプションサービスや月額料金の変更があることもあるので、今一度請求書の確認をしっかりと行いましょう。

他社サービスと比較!ソフトバンク光は「プロバイダー料金込み」

ソフトバンク光と他社の光サービスを比較してみましょう。戸建て住宅での月額基本料金や年間コスト、回線速度の違いまとめました。

回線サービス 月額料金 年間コスト 回線速度
ソフトバンク光 5,200円 62,400円 最大1Gbps
フレッツ光(西日本) 3,810円 45,720円 最大1Gbps
auひかり 5,100円 61,200円 最大1Gbps
OCN光 5,100円 61,200円 最大1Gbps
NURO光 4,743円 56,916円 最大2Gbps

この中でソフトバンク光の月額料金は決して安くはありませんが、プロバイダー料金が含まれているという点がほかの回線サービスと違う点です。

ほかの回線サービスはこの料金のほかに別途プロバイダー契約をするので、月額料金に差が出ます。

工事費用についてもキャンペーンを利用することでキャッシュバックを受けることが可能です。年間コストを抑えるためにはプロバイダー料金と工事費用にいくらかかるかでかなり変わります。

④キャッシュバックキャンペーンでお得に契約をする!

ソフトバンク光では他社から乗り換えをする方へお得なキャンペーンを行っています。

  • フレッツ以外からの乗り換えで最大24,000円キャッシュバック
  • 他社解約による違約金を全額キャッシュバック

ソフトバンク光へ乗り換える際にかかる工事費用相当額を最大24,000円までキャッシュバックできます。

これは全額キャッシュバックをする以外にも、月額料金から1,000円割引を2年間行うプランに変更することも可能。

また、インターネット回線は契約満了時以外での解約を行うと違約金(15,000円~)が発生してしまいますが、これを全額負担してくれます。

⑤Tポイントが貯まる!「Yahoo!JAPANカード」で支払おう

ソフトバンクとYahoo!JAPANカードの相性は抜群。ソフトバンクカードもありますが、こちらはプリペイドカードでチャージをして利用するものです。

2つを比較してみると、

  • ソフトバンクカード・・・還元率0.5%
  • Yahoo!JAPANカード・・・還元率1%

このようにソフトバンクカードはYahoo!JAPANカードの半分のポイントしか還元されません。

Tポイントの付与率はソフトバンクカードの方が高い…しかし

ソフトバンクカードで携帯料金を支払うと1,000円につき5ポイントのTポイントが付与されるので一見有利に思えます。

しかし、Yahoo!JAPANカードは年会費無料で新規入会時に10,000円分のTポイントが付与され、Yahoo!ショッピングなどでお買い物をすると3倍のTポイントがもらえます。

公共料金などの支払いもYahoo!JAPANカードにまとめてしまえば、効率よくTポイントが付与されます。

このTポイントは携帯料金に充当させることができるので、広い分野で利用できるYahoo!JAPANカードの方をおすすめします。

ソフトバンク光の気になる口コミ

ソフトバンク光へ新規契約をした、または乗り換えをしたユーザーの声をまとめてみます。

  • 「請求書を見たら謎のオプションがいっぱいついていて、月額料金が倍額近くかかっていた」
  • 「フレッツ光からソフトバンク光に乗り換えたら請求書が1つになって分かりやすい。しかも安くなった」
  • 「マンションはなぜこんなに遅いの?」

オプションについては「初回無料なので」と説明されるまま契約をする方が多いようですが、翌月からは月額料金が発生します。

請求書で確認ができるので今一度見直しをし、不要なものを解約することで基本料金を抑えることができます。

マンションでの回線速度の遅さについてはルーターを新しいものへ交換することで改善される場合が多いです。

物が乱雑した部屋よりもスッキリと片付いた部屋の方がWi-Fi環境には適しているのでお試しください。

まとめ

ソフトバンク光はあまり安くないと感じていた方も、しっかりと割引サービスを利用をし、不要なオプションを省くだけで費用は抑えられるかと思います。

できる限り家族みんなでソフトバンクを使うということもお得にするためのポイントです。

ソフトバンクユーザーならやはりソフトバンク光を選ぶことがおすすめですね。

>>ソフトバンク光の公式サイトはこちら

\カード入会特典は今だけ10,000円相当/


>>Yahoo! JAPANカードの申し込みはこちら

お役に立てばシェアしてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。