1. ホーム
  2. 節約術
  3. 優待を狙った裏ワザ
  4. ≫ポイント還元率より優待を狙ったクレジットカード活用法

ポイント還元率より優待を狙ったクレジットカード活用法

エポスカードを所有しています。

きっかけは賃貸で入居した家のカード引き落しがエポスカード限定だったためで、ポイント還元などが魅力で入ったわけではありません。

実際エポスカードのポイント還元率はマルイでのショッピングで1%、その他は0.5%と、マルイを利用する率が高い人でなければあまりお得感は感じられないでしょう。

しかしエポスカードのメリットは「エポトクプラザ」にありました。

エポトクプラザはエポスカード所有者がカードの提示や利用、エポトクプラザ経由での購入や申込みで、優待が受けられる制度で優待施設は7,000店舗以上にも及びます。

なかでもロイヤルホストをはじめとする全国チェーン店が多く含まれていること、映画館での割引、富士急ハイランドなどレジャー施設が充実していることが特徴です。

カード優待については一般的にあまり日常的には利用しないお店や施設であることがほとんどですが、エポトクプラザは実用的でお得な優待を提供してくれることが魅力的です。

私が日常的に活用しているのは

  • ロイヤルホスト カード提示で10%割引
  • イオンシネマ 映画鑑賞券1,800円→1,300円
  • 無印良品(マルイ内の店舗で)10%割引

などです。

その他にも特に飲食店の割引施設は多く、覚えておくととてもお得で、知らないとガッカリするほどの割引率を提供してくれます。

このエポトクプラザはJAFカードの優待に似ています。

JAFカードは言わずもがなロードサービスのカードでクレジットカードではありませんが、同様の優待サービスを行っています。

JAFカードはロードサービスとして年間2000円ほどの会費がかかります。それでも優待を使うことであっという間に元が取れてしまうと好評ですが、エポスカードの年会費は無料であることがまたメリットです。

年会費無料の上、カードを持っていれば様様な優待だけが受けられてしまうという、優待に関しては最強のカードだと思います。

私の場合は家族でロイヤルホストをよく利用するのと、映画を月に1本は見るので、年間にして少なくとも1万円程度は得をしている計算になります。

現在エポスカードはメインに使っているカードではありませんが、優待の割引専用としてずっと持ち続けたいカードです。

エポトクプラザは会員でなくても割引情報を見ることはできるので、「よく使う店舗に割引があった」というケースも多くあるでしょう。気になる方はHPにアクセスして確認してみることをおすすめします。

\【本日限定】Tポイントが最高還元/


>>Yahoo! JAPANカードの申し込みはこちら
※カード入会特典が今日なら10,000円相当

お役に立てばシェアしてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。