1. ホーム
  2. 節約術
  3. 公共料金をお得に支払う裏ワザ
  4. ≫公共料金の支払いでポイントが付く?あまり知られていないクレカ活用術

公共料金の支払いでポイントが付く?あまり知られていないクレカ活用術

最近のクレジットカードのほとんどが、利用額に応じて0.5%~2%程度のポイントがたまる仕組みになっています。

自分のよく使うサービスの提携クレジットカードならそのポイントを使って買い物の割引が出来るのも魅力です。

(そのポイントだけで買い物が出来るタイプのカードであればなお節約に繋がります)

ただしどんなクレジットカードでも共通してポイントが付与されない支払いがあります。
それが『税金などの公共料金の支払い』です。

それらは普通にクレジットカード払いをすると、いくら利用してもポイントは付与されません。またその支払い方法や場所によっては手数料が掛かることもあるので注意が必要です。

ですが現在一つだけポイントを貰える方法が存在します。

『クレジットカードでnanacoにチャージし、そのnanacoを使ってセブンイレブンで税金や年金などの公共料金を支払う』

という方法です。この手順を踏むことでポイントが付与されるのです。(『nanacoにチャージ』という部分に対してポイントが付くようです)

利用額に対し1%のポイントが付くカードなら、10000円分の公共料金支払いで100円分のポイントが付くのです。

年金などを除き、公共料金のほとんどは割引されないので、このポイントがそのまま実質の割引となり公共料金などを全てこの方法で収めれば、結構な額のポイントとなります。

何故セブンイレブンのnanaco限定なのかというと、セブンイレブン以外のコンビニでは
公共料金の支払いにそのコンビニ用のポイントカードを使用することが出来ないからです。

ただしこの方法でポイントが付くカードは極めて限られていて

楽天カード[JCB]
Yahoo!Japanカード[JCB]
リクルートカード[ブランド問わず]

が代表的な三つです。

たまるポイントはそれぞれ

  • 楽天(楽天ポイント) 1.0%
  • Yahoo(Tポイント) 1.0%
  • リクルートカード(Ponta) 1.2%

となっていますが、リクルートとの提携によりPontaは利用場所が増えましたがポイントの使用できる場所はまだまだ限定的です。

楽天ポイント(期間限定ポイントでなければEdyに交換可能)かTポイントであれば利用可能場所が多いので『楽天カード』または『Yahoo!Japanカード』がお勧めです。

指定したカードの指定ブランドのみしかこの裏技は仕えないので、クレジットカード作成の際はお気を付け下さい。

\【本日限定】Tポイントが最高還元/


>>Yahoo! JAPANカードの申し込みはこちら
※カード入会特典が今日なら10,000円相当

お役に立てばシェアしてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。