1. ホーム
  2. 楽天カードの注意点
  3. ≫楽天カードを持ちたい高校生へ!デビットカードをオススメする3つのメリット

楽天カードを持ちたい高校生へ!デビットカードをオススメする3つのメリット

近年、高校生でもクレジットカードを使いたいと考える人は急増していますが、果たして作成可能なのでしょうか?

今回は、高校生の生活を便利にする使い方として楽天カードを持ちたい高校生へ!デビットカードをオススメする3つのメリットをご紹介します。

安全でお得にお金を使う方法をぜひ検討してみましょう。

\【本日限定】Tポイントが最高還元/


>>Yahoo! JAPANカードの申し込みはこちら
※カード入会特典が今日なら10,000円相当

楽天カードは未成年者でも作れる?

お買い物に便利でたくさんポイントが貯まることで有名な楽天カードは、未成年者でも高校生でも作成が可能なのでしょうか。

最近ではおサイフケータイや電子マネーを利用する高校生も増加しており、お財布離れをする若者がとても増えています。

それならクレジットカードも作れるのでは?と考える人が増えていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

まずは楽天カードの基本的な入会条件をご紹介していきます。

入会条件

楽天カードに申し込める人は18歳以上の人が対象です。ただし、高校生は申込不可能となっています。

よって、高校生は楽天カードの作成ができません。

収入のない未成年

18歳以上であっても専門学生や大学生、フリーターや中には主婦の人もいると思います。その場合でも年齢を満たしていれば働いていなくても申し込みは可能です。

初めてクレジットカードを作成される方は初めてクレジットカードを作る方にもオススメできる楽天カードの4つの魅力と注意点をぜひ参考にしてください。

18歳以上の学生

18歳以上の学生には楽天カードアカデミーがオススメです。

このカードは18~28歳以下の学生(高校生を除く)を対象としたショッピング専門のクレジットカードとなっており、キャッシングは利用できません。

未成年者の場合は親権者の同意が必要となりますが、カード審査が楽天カードよりも低いので手軽に持てる1枚となっています。

家族カードを持つという手段もありますが、自分でお金の管理をしたい学生に便利なカードとなっています。

また、4年制などの特殊な高校(高専など)へ通っている18歳以上の学生はこのカードが作成できる可能性があります。

希望する場合は楽天へ相談してみましょう。

高校生が作れない理由

収入がない学生でも楽天カードは作成できるのに、なぜ高校生という理由だけでクレジットカードが作成できないのでしょうか。

これについての理由はやはり、返済能力がないことが1番にあげられます。

18歳以上になれば社会人として働く人もいます。しかし、高校生であり18歳以下の場合はその能力がありません。

クレジットカードで買い物をするということは一時的にお金を借りている、つまり借金をしているのと同じことです。

これを返済するにはやはり安定した収入がなければいけません。

よって、たとえアルバイトをしていてもやはり高校生である以上はクレジットカードは持てません。

高校生は楽天カードの家族カードも不可

高校生でも自分の楽天カードを持ちたいと思っても申込むことができません。それなら家族カードはどうなの?ということになりますが、こちらについても申込は不可。

家族カードであっても返済能力のない高校生が持つことはできません。これは楽天カードだけではなく、どのクレジットカードでも同じ条件です。

高校を卒業をした後は申込むことができるので、それを待ちましょう。

楽天デビットカードなら高校生でもOK

楽天カードは申込めませんが高校生ならデビットカードがオススメ。楽天デビットカードなら16歳から申込みが可能です。

クレジットカードよりも手軽に利用ができて、楽天ポイントももちろん付与されます。

デビットカードとは?

デビットカードというものは、使った金額が銀行カードから引き落とされる仕組みです。

クレジットカードのように一旦借入するのではなく、すぐに銀行からお金が引き落とされる、つまり残高がなければ利用できなくなります。

お財布が銀行口座とつながったと考えるとわかりやすいですね。

これによって返済能力のない高校生でも、デビットカードが利用できるということです。

使い方や使い道もクレジットカードのように利用できるので、お財布の中身を気にする必要がなくなってとても便利です。

年齢制限が低い

デビットカードは15、6歳以上なら作成可能となっており、楽天デビットカードなら16歳以上から利用ができます。

クレジットカードは18歳以上が条件となっていますが、デビットカードなら高校生でも使うことが可能となります。

審査がない

デビットカードはクレジットカードとは違い、銀行の口座を持っていれば使うことができます。

クレジットカードのように返済能力を求めないので面倒な審査がないのが魅力です。

楽天デビットカードの3つのメリット

クレジットカードではなくデビットカードでも便利に使うことができます。

そして楽天デビットカードを選ぶことで3つのメリットを得ることができるので、高校生にもオススメなんです。

1.現金代わりに使える

お財布にお金が入ってなかった!というピンチの時でもデビットカードを持っていれば安心。レジでカードを出せば現金の代わりに使うことができます。

銀行口座にお金を入れておけば使えるようになるので、お金の管理も簡単になります。

2.無駄遣いが減る

デビットカードはクレジットカードとは違い、銀行の残高分しか使うことができません。

毎月決まった金額を口座に入れておけば、それ以上使うことがないので無駄遣い防止につながります。

また、楽天デビットカードは年会費無料で使うことができるので、持っていても損はない1枚です。

3.幅広い使い道

楽天デビットカードが使える場所は多種多様にあります。

  • 国内や海外のお店
  • ネットショッピング
  • ATMでの引き出し

デビットカードが使えるお店はJCBまたはVISAのマークがあるお店ならどこでも利用が可能。海外でも使うことができます。

デビットカードの便利な使い道として、ネットショッピングでの利用もオススメ。楽天市場でのお買い物を、楽天デビットカードで支払うと楽天ポイントも貯まります。

楽天デビットカード(JCB)なら100円の利用=1ポイントが貯まるので大変オススメです。

また、デビットカードは銀行の引き出しをすることができます。海外の提携ATMでの引き出しも現地通貨で利用ができるので、現金が必要な際には便利です。

楽天デビットカードの作成方法と使い方

楽天デビットカードを作る方法はさほど難しい手続きではありませんが、まずは銀行の口座の用意をしなくてはなりません。

申込の手順を追ってご説明します。

楽天銀行への申込

楽天デビットカードを申込む前に楽天銀行の口座を用意します。口座の開設は12歳以下であれば代理申請が必要ですが、13歳以上の方なら自分の口座を持つことができます。

この時、デビット機能つきキャッシュカードを申込むことで1度で簡単にデビットカードを作ることができるのでオススメします。

身分証明書

銀行口座の開設をする際には「本人確認書類送付アプリ」を利用すると便利ですが、少し注意が必要です。アプリで提示できる身分証明書はこちら。

  • 運転免許証
  • カード型健康保険証
  • 個人番号(マイナンバー)カード(写真つき)
  • 住基カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

高校生ならカード型健康保険証を選ぶ人が多いかと思いますが、この場合は本人名義の光熱費の請求書の提示も必要になるので使うことができません。

写真つきのマイナンバーカードの用意ができれば迅速な手続きが可能となります。

アプリ以外の提示方法2つ。

  • 楽天銀行へ郵送する
  • 配達員への提示

このどちらかを選んで手続きを進めてください。

使い方

楽天デビットカードの使い方は先ほどの3つのメリットでもご紹介した通り、国内外のお買い物やネットショッピング、ATMから引き出す際に使うことができます。

分割払いなどはなく全て一括払いのみ。

現金派の方も、銀行の残高分しか使うことができないので金銭管理が簡単になります。クレジットカードとは違うメリットがあるので、ぜひ検討してみましょう。

デビットカードは海外留学へ行く高校生へオススメ

これから海外留学へ行く予定のある高校生には楽天デビットカードを強くオススメします。

海外では現金を持ち歩くことで非常にリスクが高まります。とくに日本人は狙われやすいので万が一の対策を考えなくてはなりません。

こんな時に楽天デビットカードがあれば、初めての海外で慣れない生活に役立つ1枚となります。

安全性

海外での生活で最も不安なのはお金の管理です。楽天デビットカードは不正利用防止システムを利用することが可能(JCBデビットカードの場合)。

万が一に備えることができるので安心して持ち歩くことができます。

使える場所

JCBやVISAマークがあるお店なら世界中のどこでも使うことができます。また、交通移動にも使うことができるので、煩わしい現金でのやり取りがありません。

慣れない生活でもスムーズに行動することが可能です。

現地通貨を引き出す

楽天デビットカード1枚を持っていれば現地の「VISA」か「Plus」マークがついたATMならいつでも引き出しが可能。さらに、基本的には手数料や利息もかかりません。(ATMによってはかかる場合もあり。)

両替所へ行くたびにレートを気にすることなく、必要な分だけ現地通貨を引き出すことができます。

また、日本から送金をするよりも非常にコストパフォーマンスが良いです。日本の銀行から海外の銀行口座へ出金をすると1回につき5,000円の手数料が発生してしまいます。

しかし楽天デビットカードを使って海外のATMから引き出した場合は手数料がかからないので非常にお得です。

中学・高校生OK!楽天Edyならもっと手軽に使えて便利

楽天Edy(エディ)ってご存知でしょうか。

楽天が提供する電子マネーサービスのことですが、こちらはデビットカードのように口座を持たなくてもチャージをするだけで利用が可能。

コンビニをよく利用する高校生なら楽天Edyを利用することでポイントが貯まるのでオススメ。

楽天Edyを使うことでこんなメリットが得られます。

  • 年会費無料
  • 楽天ポイントが貯まる(200円=1ポイント
  • かわいいキャラクターデザインのカードが選べる
  • おサイフケータイとして使える
  • 楽天ポイントへの交換が可能
  • 楽天ポイントを楽天Edyへチャージするとポイントがもらえる
  • 楽天加盟店での利用でポイント2倍

今では電子マネー加盟店はお店はとても多く、中・高校生がよく利用をするマクドナルドやミスタードーナツでも使えます。

スマホアプリやおサイフケータイで手続きを行っておけば、お財布を出さなくても「シャリーン」と簡単に支払いを済ませることができるのでとても便利。

チャージをする方法は、現金・クレジットカード・Edyチャージアプリ・楽天ポイント・銀行口座から行えます。

コンビニなどではレジでお願いをしたり、Edyチャージャーから入金が可能です。

楽天銀行開設時にも楽天Edyの申込みも同時に行えるので、楽天デビットカードとの併用も可能です。

まとめ

クレジットカードを持つことで生活が便利になりますが、残念ながら高校生は作ることができませんでした。

しかし、楽天デビットカードなら高校生でも持つことができる上、銀行口座にある分しか使えないので無駄遣いがなくなります。

さらに楽天Edyなら銀行口座も持たない人でも手軽に利用が可能なのでこちらもオススメ。

18歳以上になるまでは楽天カードにこだわらなくても、より便利にお買い物ができて楽天ポイントも貯まる方法を探すことができます。

利用する際には保護者の方に相談をしながら、使いやすい方を選択されてはいかがでしょうか。

\【本日限定】Tポイントが最高還元/


>>Yahoo! JAPANカードの申し込みはこちら
※カード入会特典が今日なら10,000円相当

お役に立てばシェアしてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。