1. ホーム
  2. 買い物術
  3. ≫iPadやMacBookなどのアップル製品を定価より安くお得に購入する方法

iPadやMacBookなどのアップル製品を定価より安くお得に購入する方法

大人気のiPadやMacBookは持っているのが当たり前のような時代になっていますが、簡単に手が出せない価格であることも事実です。

でも、ある方法を使うだけでアップル製品が定価よりも安くお得に購入できます!また、買ったあとも安く使い続けるコツもご紹介します。

\カード入会特典は今だけ10,000円相当/


>>Yahoo! JAPANカードの申し込みはこちら

【基本】アップル製品の最安値を調べる

まずは気になるiPadやMacBookなどのアップル製品がどのくらいの価格で販売されているのかを調査しましょう。Apple公式サイトを開けば定価や製品の機能を知ることができます。

価格調査をする時に抑えてほしいサイトと言えば価格ドットコム、楽天市場、Yahooショッピング、Amazonです。この4サイトは必ず目を通すようにして比較をしてみましょう。

Apple公式サイトの「整備済み製品」「旧型モデル」が1万円以上安い!

色々なショッピングサイトがある中、実はアップル製品はあるAppleストアのコーナーで買うことでかなりお得になります。

Appleストアの一番下までスクロールをすると「整備済み製品&旧型モデル新品」というコーナーを見つけることができます。ここにはアップル公式のいわゆる中古品が販売されています。

中古品ですがアップル認定の工場で新品水準まで整備されており、一般的な中古品とは全く違います。しかも1年保証がついているので安心して使うことができます。

旧型モデルについてもアップル製品は根強い人気を誇っているために需要は大きく、こちらのコーナーに製品が並ぶとあっという間に売り切れてしまうほどお得なんです。

販売されている商品の例はこちら。

  • MacBookAir
  • MacBookPro
  • Macmini
  • MacPro
  • Macアクセサリー
  • iPadAir
  • iPadPro
  • iPadmini2
  • iPadmini3
  • iPadmini4
  • iPodtouch
  • AppleTV

たとえば、2015年3月発売の13インチMacBookAir1.6GHzデュアルコアIntelCorei5が整備済み製品として79,100円(税抜)で販売されています。

この製品の定価は98,800円(税別)なので11,900円安く買える計算になります。価格ドットコムでも91,000円前後となっており、新品同様として使えるのであればかなりお買い得となっています。

ほかにも、定価48,000円(税抜)のiPadAir16GBが28,100円(税抜)で販売されているなど、2万円以上安く手に入ることもあります。

ただし刻印サービスやギフトの利用はできません。そしてあっという間に売り切れとなってしまうので、Apple公式ツイッターなどで最新情報をいち早く知ることがポイントです。

Rebates(リーベイツ)から購入楽天ポイント1%をもらう

楽天の新しいサービスRebates(リーベイツ)経由でアップル製品を購入すると楽天ポイント1%がもらえるので、この方法はぜひ抑えておきましょう。

「Apple公式サイト-楽天スーパーポイント提携モールRebates(リーベイツ)」から楽天会員としてログインをするとApple公式ページへとジャンプします。

Rebates(リーベイツ)とは提携された楽天市場以外のショップを利用することで、ポイントバックされるもの。いつものように利用するだけなのに楽天ポイントがもらえる嬉しい仕組みです。

アップル製品であれば、Apple公式サイトから購入手続きを行うだけで楽天スーパーポイントがポイントバックされます。今なら初回購入で500円分のボーナスポイントがもらえるので見逃せません。

楽天カードで支払うことにより、さらに1%が追加され2%が付与されるのでWでお得です。

 

【お知らせ】当サイトからの申込みが1番多いクレカ

>>https://www.rakuten-card.co.jp/

※年会費無料カードの中でポイント還元率が1%の人気カード

オークションサイトで探す

アップル製品はオークションサイトでもたくさんの商品を探すことができます。ヤフオクが代表的なサイトですが、最近ではメルカリなどのフリマアプリを利用する人も増えています。

ただ、中古品に限らず信頼できる取り引きが必ずしも成立するとは限りません。また保証もついていないということを踏まえて購入をすべきです。

先ほどご紹介をしたApple公式サイトの「整備済み製品」を調べてから探すことをお勧めします。

中古専門ショップで見つける

より安い中古品を探すのであれば中古品専門ショップを調べてみましょう。アップル製品や中古パソコンなどを多数取り扱う「ソフマップドットコム」などでもたくさん販売されています。

Amazonや楽天市場などでも格安価格で販売されていることがありますが、「整備済み製品」であることが多いです。

ネット契約特典としてタダで手に入れる

インターネット回線を契約するときにはさまざまな特典サービスが用意されています。ここでもやはり人気のiPadやMacBookが目玉商品となっており、キャンペーンによってはタダで手に入れることができます。

たとえば、ある企業が行うキャンペーンではiPadmini16GBが特典となっており、次のような条件が提示されています。

  • 光回線+プロバイダ+光回線電話を契約すると無料でプレゼント
  • 光回線+プロバイダの契約なら5,800円の価格で購入可能

光ケーブル工事を契約をし、以降2年間利用することが主な条件となっています。希望のアップル製品がタダまたは格安で手に入りますが、その後2年間5,000円台の契約料金を払い続けることになるので本当の意味でのお得にはなりません。

新型モデルへの買い替えを考えている人に譲ってもらう

次々に新製品が発表されるアップル製品。まわりに買い替えを考えている人がいたら古い方を譲ってもえないか交渉してみるというのもひとつの手です。

知らない人に渡すよりは・・・と考えてくれる人も中にはいるでしょう。しかも、使い方がわからなくなった場合はすぐに教えてもらうことができるというメリットもあります。

さらに格安SIMを利用してさらに安く

iPadやMacbookを手に入れたらネット契約をしないとインターネットが使えません。この時に格安SIMを利用することで料金を抑えてネットを使えるようになります。ぜひ検討してみましょう。

15%安くなる!Apple社員割引制度

Appleで働く社員なら「パートナー社員購入プログラム」と呼ばれる社員割引制度が利用できます。なんと最大25%オフでアップル製品を買うことができるのでかなりお得です。

これはAppleストアで働いている社員や契約社員またはアルバイトでも利用することができます。また、企業パートナーとしてご自分の会社が契約をしている場合でも利用可能。

このような知り合いがいたら、代理購入という形でお願いすることも可能。ただし年間を通して、Mac1台、iPad1台、iPhone1台、AppleWatch1個、iPod1台までとなっています。

政府関係者・公務員・学生・教職員・PTA役員も最大5%オフ

社員以外にも、政府機関や公務員の方、学生または教職員、PTA役員も最大5%オフの価格でアップル製品を購入することができます。

学生の場合は、大学生または専門学校生と高校生やその両親も対象となっています。分割払いをする際には12回払いまでは手数料0円になるなど、学生にとってはありがたいサービスが用意されています。

さらに「整備済み製品」の購入でW割引!

「整備済み製品」をこのような社員割引や学生割引などを使って購入することで、定価より最大30%近く安くなります。対象者の方、周囲にこのような対象がいる方はこの方法を試すことで一番安い価格でアップル製品が手に入れることができます。

Apple公式サイトで下取りをして安くする

Apple製品を下取りをしてもらってギフトカードを受け取るという方法もあります。Apple公式サイトの「再利用とリサイクル」から製造番号などを入力するだけで、下取り価格を知ることができます。

たとえばiPhone6(64GB)で正常に動作をする状態なら14,000円で下取りされます。iPadminiRetinaDisplay(32GB )4Gなら10,800円です。

ギフトカードとして受け取ることができるので、それを元手に新しいアップル製品を購入する方法もあります。

家電量販店のバーゲンやセールを狙う

新規オープンする家電量販店やお正月などのバーゲンセールを狙って安く手に入れるのも狙い目。アップル製品は人気商品なのでいち早く情報を手に入れましょう。

実店舗だけではなくネットショップにも目を光らせてチェックをし、比較をして安かったら買うことを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

アップル製品を安く購入する方法は、Apple独自のサービスをフルに使うことが一番の近道だということがより安全で安心できる方法だということがわかりました。

見逃せない「整備済み製品」をぜひチェックしてみましょう。探していた商品がより安く手に入るかも知れません。

\カード入会特典は今だけ10,000円相当/


>>Yahoo! JAPANカードの申し込みはこちら

お役に立てばシェアしてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。