1. ホーム
  2. 楽天カード活用術
  3. ≫楽天カードで光熱水費を支払うメリットとは?

楽天カードで光熱水費を支払うメリットとは?

【質問】光熱水費の支払いを楽天カードにしようと考えています

今まで、光熱水費の支払いは銀行引き落としにしていましたが、ポイントが付与されるカードでの支払いができると知りました。
そこで、光熱水費支払い専用のクレジットカードを作ろうと考えていますが、これってやっぱりお得ですか?
また、カードは楽天カードにしようと考えていますがどうでしょうか。お得なテクニックなどがあれば教えて欲しいです。

光熱水費はどのように支払っていますか?銀行引き落としでただ支払うよりもクレカ払いをした方が断然お得になります。

ここでは楽天カードで光熱水費を支払うメリットをお伝えするとともに、より効果的に使う活用方法や楽天カードに関する疑問などをまとめました。

 

【お知らせ】当サイトからの申込みが1番多いクレカ

>>https://www.rakuten-card.co.jp/

※年会費無料カードの中でポイント還元率が1%の人気カード

楽天カードで光熱水費を支払うとどれぐらいお得?

毎日使う電気・ガス・水道などの光熱水費は銀行引き落とし以外の支払い方法も選択できますが、最近ではクレカ払いをする人の割合がとても増えています。

この時にどのクレジットカードを選ぶかがとても重要です。お得になると言われる楽天カードの最大メリットである楽天ポイントについてご説明していきます。

光熱費が毎月10,000円で貯まる楽天ポイント

楽天ポイントは100円につき1ポイントが貯まります。

毎月10,000円の光熱費がかかる場合は、毎月100ポイントが貯まるので年間にすると実質1,200円分のポイントが還元されるのでとってもお得になります。

単身世帯でも光熱水費を合わせると10,000円以上になることは多いです。また、ほかの固定費も合わせることでより高いポイント還元が望めます。

銀行引き落としの時と支払う金額は同じなのに、ただ楽天カード払いに変更するだけでこのような還元ポイントが受け取れるようになります。

楽天ポイントが付与されるタイミング

楽天ポイントは毎月末日までの利用金額に応じた分が翌月15日前後に付与されます。

楽天市場での利用ポイントは注文確定時に付与されますが、楽天カードポイントのタイミングは後からまとめて付与されるシステムになっています。

光熱水費を楽天カードで支払う4つのメリット

実際に水光熱費を楽天カードで支払うことで全部で4つのメリットが得られます。この内容について詳しくお伝えしていきます。

年会費が無料!

楽天カードをオススメする最大メリットはやはり年会費が無料というところ。持っているだけで損をするようなことは起きないので、安心して作ることができます。

水光熱費を支払うためだけに楽天カードを作ることはやはり最良策と言えるでしょう。

入会特典でのもらえるポイントがすごい

楽天カードに新規入会&利用で5,000ポイント~8,000ポイント貰える今のチャンスは見逃せません。

年会費が無料なのにこのようなサービスが利用できるのは楽天カードの強みです。

ポイントがザクザク貯まる

楽天カードを利用することで100円につき1ポイントが受け取れます。楽天市場でのお買い物を楽天カードで支払うことで4倍のポイントがもらえます。

ポイントが4倍になる中身はこちら。

楽天市場利用ポイント1%+楽天カード利用ポイント1%+楽天カード利用特典ポイント2%=4%

このように、支払い方法を楽天カードにするだけで4倍ポイントとなり、楽天トラベルでも2倍、楽天加盟店利用で3倍になるので非常にお得度が高くなります。

さらに毎月支払う水光熱費を楽天カード払いにすることで、会員ランクがすぐにランクアップします。

■会員ランクアップ条件

6ヶ月以内の
獲得ポイント
6ヶ月以内の
獲得回数
シルバー 200 30回
ゴールド 700 15回
プラチナ 2000 7回
ダイヤモンド 4000 2回

過去6ヶ月以内の獲得ポイントと回数によってシルバー・ゴールド・プラチナ・ダイヤモンドとランクアップができるシステムになっています。

毎月10,000円の光熱水費を支払い続け、それ以外に1度楽天市場でお買い物をすることでシルバーからゴールドへランクアップできます。

■会員ランク別特典

お誕生日
ポイント
福引
ポイント
特別優待
セール
豪華特典
シルバー 100
ゴールド 300  30~
50000
プラチナ 500  50~
50000
ダイヤモンド 700   70~
50000

会員ランクがアップするにつれて付与されるポイントがどんどん大きくなるので継続利用が楽しくなります。

お誕生日ポイントだけでなく、毎月最大50,000ポイントが当たる福引にチャレンジできたり、特別優待セールへのメールが届くようになるのでお得度が高まります。

入会手続きが簡単

楽天カードへの入会手続きはとても簡単。

楽天公式サイトから申込むだけで最短3日後には手元に届きます。申込時は印鑑や書類などの用意は必要ありません。

光熱水費を楽天カードで支払うための手続き方法

では水光熱費の支払いを楽天カードへ変更する手続き方法を見ていきましょう。

電気代

次の電力会社5社は「楽天eーNAVI」から手続きができます。

  • 北陸電気
  • 東京電力
  • 四国電力
  • 九州電力
  • 沖縄電力

この5社以外の電力会社については、楽天カードの「各種料金お支払い手続き」ページから変更可能です。

  • ほくでん
  • 東北電力
  • 中部電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • RakutenEnergy

これ以外についてはそれぞれ手続きを行う必要があります。

ガス代

ガス料金の支払い変更手続きについて、楽天カードの「各種料金お支払い手続き」ページからできるのは次の7社。

  • 大阪ガス
  • 東邦ガス
  • 西部ガス
  • KITAGAS
  • 広島ガス
  • 岡山ガス
  • カメイ株式会社

これ以外については問い合わせの上で変更手続きを行ってください。

水道料金

お住まいの市町村ホームページまたは水道局ホームページからお手続き、お問い合わせの上変更手続きを行ってください。

インターネット回線

インターネット回線の支払い変更手続きは、各プロバイダホームページから変更手続きを行ってください。

携帯料金

ドコモ、auについては「楽天eーNAVI」に携帯電話番号を入力するだけで変更手続きが行えます。

  • ソフトバンク
  • ワイモバイル
  • 楽天モバイル

こちらについては楽天カードの「各種料金お支払い手続き」から手続きが可能。これ以外についてはそれぞれお問い合わせください。

年金保険料

国民年金の支払い変更手続きについては「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」を提出することで行えます。

日本年金機構ホームページから申出書をダウンロードが可能。これ以外の方法では年金事務所窓口へ直接行って変更することもできます。

前納についてもクレカ払いに対応されていますが、リボ払いや分割払いをすることはできません。

楽天カードの引き落とし日や請求金額が確定されるまでの流れ

水光熱費の支払いを楽天カードに変更すると毎月何日に請求金額が確定され、何日に引き落としがされるのかを見ていきましょう。

請求金額が確定される日

楽天カードの締め日は月末となっており、請求金額が仮確定されるのは翌月12日。その後15~20日に本確定されます。

「楽天eーNAVI」で確認できるので、もし仮確定の段階で請求金額が多い場合はリボ払いへの変更も可能です。

引き落とし日

楽天カードの引き落とし日は毎月27日となっています。前月末までに利用した料金が翌月27日に支払われる、これをしっかりと把握しておきましょう。

水光熱費の支払いを楽天カードに変更すると翌月または翌々月から対応されます。

楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行へ!最大9ポイント獲得

楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にすることでさらに効率よく楽天ポイントが貯まるので、水光熱費の支払いを継続的に利用する方にはオススメします。

楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にするだけで6つのメリットが得られます。

  • 変更手続きをするだけで200ポイントがもらえる
  • 新規口座開設なら300ポイントがもらえる
  • 引き落としがあった翌月は普通預金金利が2倍になる
  • 毎月最大9ポイントが付与される
  • ATM手数料が最大7回/月無料
  • 他行振込手数料が最大3回/月無料

「楽天カード引き落とし口座切替プログラム」へエントリーすることで、200または300ポイントが付与されます。

また、楽天銀行で引き落としをするだけでその翌月の普通預金金利が2倍になるというお得なメリットも。

振込手数料に楽天ポイントを利用することもでき、自由度の高い銀行となっています。

さらに楽天独自の「ハッピープログラム」により、エントリーをするだけで取引ごとに会員ランクがアップ。これにより最大9ポイントが毎月もらえるシステムとなっています。

ただ引き落としを楽天銀行にするだけでこれだけのメリットが得られるので、楽天カードを利用するのならこちらの利用もぜひご検討ください。

楽天カードで光熱水費を支払う時の疑問や質問

水光熱費を楽天カードで支払う際に考えられる不安や楽天カードについての質問を集めてみました。

引き落としができなかった場合は?

27日の引き落とし日に残高不足があった場合は翌営業日から4日間に渡り再引き落としが行われます。

ただし、指定の金融機関によって再引き落としの日程に違いがあります。

利用可能額はいくら?

楽天カードの最大利用可能額は100万円となっていますが、楽天独自の審査基準により利用可能額には違いがあります。

また、利用可能額の変更手続きは可能です。

リボ払いでもポイントはもらえるの?

リボ払いでもポイントは付与されます。ただし年率15%の利息も付きます。

楽天カードの入会方法は?

楽天公式サイトから申込手続きができます。

申込に必要な書類は?

楽天カードの申込時に必要な書類等はいりません。楽天カードを受け取る際には、身分証明書(運転免許証やパスポート等)などが必要です。

まとめ

今まで銀行引き落としやコンビニ払いで水光熱費を支払っていた人は、楽天カードへの変更をするだけで非常にお得になることがわかりました。

貯まった楽天ポイントで欲しいものを買ったり、旅行などへの費用にする楽しみも増えるので、期待している以上にお得感を感じることができますよ。

 

【お知らせ】当サイトからの申込みが1番多いクレカ

>>https://www.rakuten-card.co.jp/

※年会費無料カードの中でポイント還元率が1%の人気カード

お役に立てばシェアしてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。