1. ホーム
  2. 楽天でんわ活用術
  3. ≫楽天でんわでどれぐらい通話料が安くなる?1ヶ月の節約額を検証

楽天でんわでどれぐらい通話料が安くなる?1ヶ月の節約額を検証

アプリを使うだけで通話料が安くなるという楽天でんわ。今支払っている電話料金がどのくらい安くなるのかという疑問とともに、その品質やデメリットにも注目したいところ。

ここでは、楽天でんわでどれぐらい通話料が安くなるのかを1ヶ月の節約額で検証してみたいと思います。

\【本日限定】Tポイントが最高還元/


>>Yahoo! JAPANカードの申し込みはこちら
※カード入会特典が今日なら10,000円相当

楽天でんわが安くなる仕組みとは?通話料半額の謎に迫る!

楽天でんわを使うと通話料が最大半額になると言われています。なぜそんな簡単に安くなるのか、そこに落とし穴はないのかよく確かめていきましょう。

楽天でんわとは?

楽天でんわとは、楽天が提供する「楽天でんわアプリ」のことです。iPhoneやAndroidなどのスマホに対応をし、無料でダウンロードが可能。

このアプリを使って電話をかけることで電話番号の前に「0037ー68―」が自動的に付き、そのまま通話を行うことで通話料が安くなります。

また、無料通話アプリのようにネット接続をせず電話回線を使うというのも大きな特徴です。

詳しくは「通話料が安くなる楽天でんわの仕組みと9つのメリット」をご覧ください。

基本料金

  • 初期費用・月額利用料:0円
  • 国内通話:10円/30秒
  • 国際通話:20円/30秒(非課税)

フリーダイヤル、ナビダイヤル、3桁の電話番号(110番や119番など)にかけることはできません。

安くなる仕組み

通常、電話をかけた時に接続料というものが発生します。たとえばドコモの携帯からソフトバンクの携帯にかけた時などがそうです。

「同じキャリア同士なら無料通話ができる」というのはこの接続料がないことを意味しています。

楽天でんわを使うとフュージョン・コミュニケーションズ経由になるので接続料がかかりません。これによって10円/30秒が実現しています。

「最大半額になる」という意味は、通話料が20円/30秒のプランをお使いの方の場合ということになります。

使い方

  1. 楽天でんわHPから利用登録をする。
  2. 楽天でんわアプリをダウンロードする。
  3. いつものように通話をする。

スマートフォンの方はアプリをダウンロードをすると電話帳が同期されるので、そのままいつものように通話を行うだけです。

ガラケーの場合は利用登録を行ったあとは「0037ー68―」を押してから電話をかけることで使うことができます。

楽天でんわで1ヶ月どのくらい安くなるか3つの大手キャリアで検証!

では実際に楽天でんわを使っていくら通話料が安くなるのか、大手3キャリアのプランをもとに検証していきます。

契約プランによって安くなるか損をするか違いがあります。どのプランが1番安くなる可能性があるのかを提案し、1ヶ月使用した場合の具体例を提示していきます。

なお、ここで提示するプランについては変更することがあるので予めご留意ください。

ドコモ

ドコモのデータ通信向け・キッズケータイ向け以外には6つのプランがあります。基本的な通話料は20円/30秒です。

基本使用料 通話料 5分以内 家族同士 他社通話
カケホーダイプラン
(スマホ・ガラケー)
2,700円 無料
カケホーダイライトプラン 1,700円 20円 無料 5分以降20円
シンプルプラン
(スマホ・ガラケー)
980円 20円 20円
カケホーダイライトプラン
(ガラケー)
1,200円 20円 無料 5分以降20円

■1ヶ月間シンプルプラン、シンプルプラン+楽天でんわでそれぞれ他社通話を1時間行った時の比較

シンプルプラン(スマホ・ガラケー)は5分の無料通話もなく、20円/30秒がかかります。この場合は楽天でんわを使うことで半額になります。

ただし月額利用料も980円と1番安いですが、カケホーダイプラン2,700円との差額である1,720円以上の通話をした場合は安いとは言えなくなります。

1ヶ月間シンプルプラン、シンプルプラン+楽天でんわでそれぞれ他社通話を1時間行った時の比較をすると、

基本使用料980円+通話料2,400円=3,380円

基本使用料980円+通話料1,200円=2,180円(1,200円お得)

このように、楽天でんわを使用しない場合はカケホーダイプランより高くなりますが、使った場合はそれよりも安くなることがわかります。

■5分以上使う場合で安くなるプラン

  • カケホーダイライトプラン
  • カケホーダイライトプラン(ガラケー)

この2つは5分以上通話をする時には楽天でんわを使うことで安くなります。ただし、5分以内で通話を終了した場合は無料だったはずが10円/30秒かかってしまうので損となってしまいます。

ソフトバンク

ソフトバンクの基本的なプランは2つ。家族間通話についてはソフトバンクは「ホワイト家族」割引が適用されるので10回線まで無料になります。

基本使用料 通話料 ソフトバンク同士 家族同士 他社通話
スマ放題 2,700円 無料
スマ放題ライト 1,700円 5分以内まで無料
スマ放題(ガラケー) 2,200円 無料
スマ放題ライト(ガラケー) 1,200円 5分以内まで無料
ホワイトプラン(4GiPhone向け) 934円 20円 1時~21時まで無料
21時~1時は20円
無料 20円
wホワイト  934円 10円 1時~21時まで無料
21時~1時は10円
 無料 10円

■1ヶ月間ホワイトプラン、ホワイトプラン+楽天でんわでそれぞれ他社通話を1時間行った時の比較

ホワイトプランは家族間や21時以降はソフトバンク同士の通話は無料ですが、それ以外は20円/秒なので、楽天でんわをと上手く使いわけることで安くすることができます。

ただこちらも、スマ放題の2,700円よりも高くなる場合はあまりお得にはなりません。

1ヶ月間ホワイトプラン、ホワイトプラン+楽天でんわでそれぞれ他社通話を1時間行った時の比較をすると、

基本使用料934円+通話料2,400円=3,334円

基本使用料934円+通話料1,200円=2,134円(1,200円お得)

このように通話料が半額になります。他社通話だけではなくソフトバンク同士での通話も夜21時以降は楽天でんわを使用した方がよいでしょう。

■5分以上使う場合で安くなるプラン

  • スマ放題ライト
  • スマ放題ライト(ガラケー)

この2つのプランは5分以上通話する場合は20円→10円/30秒となりますが、やはり5分以内に通話を終了した場合は料金が発生してしまうリスクがあります。

au

auの基本通話プランは大きく分けて2つ。カケホなら2,700円で全ての通話が無料となっており、家族間通話は基本的に無料です。

基本使用料 通話料 家族同士 au同士 他社通話
 カケホ  2,700円  無料
 スーパーカケホ  1,700円  20円  無料  5分以内無料、5分以降20円
 LTEプラン  934円  20円  無料  1時~21時まで無料
21時~1時まで20円
 20円
 カケホ(ガラケー)  2,200円  無料
 プランZシンプル(ガラケー)  934円  20円 無料  1時~21時まで無料21時~1時まで20円

■1ヶ月間LTEプラン、LTEプラン+楽天でんわでそれぞれ他社通話を1時間行った時の比較

LTEプランは基本使用料が934円と安いですが、他社通話と夜1時以降にauへかける場合は20円/30秒になるので、ここで楽天でんわを使うことで半額になります。

この場合も他キャリアと同様に、カケホの2,700円を超える通話を行った場合はお得にはなりません。

1ヶ月間LTEプラン、LTEプラン+楽天でんわでそれぞれ他社通話を1時間行った時の比較をすると、

基本使用料934円+通話料2,400円=3,334円

基本使用料934円+通話料1,200円=2,134円(1,200円お得)

やはり通話料が20円/30秒となる他社通話をする場合は楽天でんわを利用した方が安くなります。au同士での通話も21時以降は20円となるのでこちらも利用した方がいいでしょう。

■5分以上使う場合で安くなるプラン

スーパーカケホは5分以上通話すると予想される場合に楽天でんわを使うことで20円→10円/30秒と安くなります。

ただこちらも絶対に長電話をするという時以外は使わない方がいいでしょう。5分以内に通話を終了してしまうと料金が発生します。

海外へ国際電話をかける人は大幅に安くなる可能性大!

楽天でんわを最大にオススメしたい人は国際電話を使う人です。世界32カ国一律20円/30秒でかけることができるのでとてもお得です。

国際電話の通話料

国際電話の通話料は実はキャリアによって全く違います。44円~238円/秒が楽天でんわを使うことで20円/30秒となり、破格の値段ほど安くなります。

国・地域名 ドコモ au ソフトバンク 楽天でんわ
韓国 114円 69円 198円 20円
香港 114円 85円 198円
中国 114円 74円 198円
アメリカ(本土) 68円 44円 78円
カナダ 68円 75円 98円
オーストラリア 136円 90円 198円
フランス 216円 110円 238円
ドイツ 216円 110円 238円
イギリス 216円 105円 238円
イタリア 216円 130円 238円
スペイン 216円 130円 238円
ロシア連邦 216円 130円 238円

楽天でんわを使うことで地域によって変わる通話料を気にしなくて済みます。

海外からかけることはできませんが、日本から国外に向けて発信する場合は、楽天でんわを利用されるとかなりお得になります。

最強!楽天でんわ+格安SIMで携帯料金はもっと安くなる

通話料を安くしてもデータ通信料が高いプランをお使いの場合は本当の意味で安くなったとは言えないでしょう。

電話料金全体の見直しをしたい人は格安SIMに変えることで大幅に安くすることができます。

毎月5,000円以上のパケット通信料を払っている人は3,000円以上安くなる可能性が高いのでぜひ検討してみましょう。

さらに楽天でんわと提携している3つの格安SIMの1つと契約をすると、楽天でんわの通話料が1,000円分無料になるクーポンコードが受け取れます。

クーポンコードがもらえる3つの格安SIM

  • nuroモバイル・・・2G:700円~
  • みおふぉん・・・3G:900円~
  • hi-ho・・・2G:770円~

クーポンコードは楽天でんわの利用登録をする際に入力をすることで有効になるので、格安SIMを先に契約を済ませてから楽天でんわの登録へと手順を進めてください。

安くならない場合も!楽天でんわのデメリット

楽天でんわを使うことで全ての人が安くなるわけではありません。注意をしないと無料通話できたはずなのに、余計な通話料が発生することも。

ここでは覚えておいてほしい楽天でんわのデメリットをお伝えします。

家族間での利用

家族間通話は無料というプランに加入の人は楽天でんわを通して電話をかけることで通話料が発生してしまいます。

この場合は楽天でんわアプリを使わずに従来通りの通話をしないといけません。

同じキャリアでの利用

同じキャリア同士の通話は無料というプランにご加入の場合も先ほどと同じく、楽天でんわを使わずに通話をしないと無駄な料金が発生します。

相手によって使い分けることが必要ですが、前もって知ることは難しいですね。

使えないこともある

場合によっては楽天でんわが使えないこともあります。

  • スマホがアップデートをした直後
  • データSIMをお使いの場合

その他何らかの不具合が起きたときには使えない、アプリが起動しないなどが生じます。

スマホがアップデートをした後に使えない場合はアプリのバージョンアップをすることで解決します。

また、データ通信用のデータSIMは楽天でんわを使うことができません。

楽天でんわ+楽天カード払いでポイント2倍!

楽天でんわを使うだけで楽天ポイントが貯まるということがわかりましたが、支払い方法に楽天カードを選択するだけで2倍のポイントが貯まるようになります。

楽天ポイントが2倍貯まる詳しい仕組みについては通話料で楽天ポイントが貯まる?楽天でんわと楽天カードの合わせ技をご覧ください。

節約をしたい人は楽天でんわと楽天カードを合わせて使うことをオススメします。

 

【PR】楽天カード公式サイト
>>https://www.rakuten-card.co.jp/
※年会費無料&ポイント還元率が高い

楽天でんわに関する疑問

楽天でんわに関する疑問や質問を集めてみました。

1人何台まで利用できる?

1つのIDにつき5台まで利用ができます。同一クレジットカードでの支払いもできるのでご家族みんなで使うことができます。

解約金は?

解約金はありません。またアプリをアンインストールをしても解約をしたことにはなりません。

電話帳の同期はできる?

自動的に電話帳の同期が行われるのでそのまま使うことができます。

まとめ

大手キャリア3社でどのくらい安くなるかを比較検証してみると、楽天でんわを最大限に活用できるは通話料が20円以上のプランを使っている場合のみと判明しました。

楽天でんわと通常の通話の切り替えを上手く行うことが1番安くなる近道です。まずは今お使いのプランを見直し、どのくらい通話を行うかを考えて利用してみましょう。

国際電話を頻繫に使う人は間違いなく安くなるので楽天でんわをオススメします。

\【本日限定】Tポイントが最高還元/


>>Yahoo! JAPANカードの申し込みはこちら
※カード入会特典が今日なら10,000円相当

お役に立てばシェアしてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。