1. ホーム
  2. クレジットカードの選び方
  3. ≫【年会費別】マイルが最短で貯まる最強クレジットカードベスト3

【年会費別】マイルが最短で貯まる最強クレジットカードベスト3

旅行が好きな人にとって、クレジットカードの基準はいかにマイルがよく貯まるかということ。

ここでは【年会費別】マイルが最短で貯まる最強クレジットカードベスト3を紹介いたします。

本当に効率よくマイルが貯まるクレジットカードはどれなのか、年会費無料のクレジットカードならどれを選ぶべきなのか。

厳選したクレジットカードの中からピッタリの1枚をお選びください。

\【本日限定】Tポイントが最高還元/


>>Yahoo! JAPANカードの申し込みはこちら
※カード入会特典が今日なら10,000円相当

マイルが貯まるクレジットカード選びの4つのポイント

「マイルを貯めて旅行に行きたい」そんな願いを叶えるためには、いかに効率的に獲得するかが重要。

飛行機に乗らない陸にいる時でもクレジットカードを使えばマイルは貯められます。でも、どのクレジットカードを使えばいいのでしょうか?

ここではマイルが貯まるクレジットカード選びの4つのポイントをご紹介します。

航空会社系のクレジットカードを選ぶこと!

マイルを貯めたいのであれば航空会社系のクレジットカードを持つことで、陸にいる間でも貯めることが可能になります。

「ANAカード」か「JALカード」を持つことで、利用金額に応じたそれぞれのマイルが付与されます。

日本在住の人であれば、

  • JAL
  • ANA
  • デルタ航空
  • ユナイテッド航空

この4つの大手航空会社を抑えておくようにしましょう。

こうした航空会社系と提携されたコラボカードも多数用意されており、それぞれのメリットを見比べて選ぶことがポイントです。

年会費無料がお得とは限らない!

クレジットカードには年会費有りと年会費無料のものがあり、年会費有りの方がやはりマイルが貯まる還元率が高くなっています。

あまり飛行機を利用しない人にとっては年会費無料の方が好ましく思えますが、還元率が低めの0.5%であることが多いです。

年会費有りのクレジットカードの中には還元率が2.25%というものもあり、マイルが貯まるスピードが大きく変わるのでよく検討をしてください。

有効期限は要チェック!

マイルの有効期限については航空会社によってそれぞれ違い、ANAとJALについては有効期限が3年となっているので注意が必要です。

  • JAL・・・3年
  • ANA・・・3年
  • デルタ航空・・・なし
  • ユナイテッド航空・・・クレジットカードで毎月加算されれば無料

このように、デルタ航空とユナイテッド航空であれば有効期限がありません。

有効期限があると知らずにうっかり失効させてしまうのは大変もったいないので、自分にとって貯めやすく使い勝手のよいマイルを選びましょう。

特典航空券への交換

貯まったマイルで旅行に行くには「特典航空券」へ交換をして使います。

  • 東京ー沖縄往復航空券・・・12,000~15,000マイル
  • ハワイ往復航空券・・・40,000マイル

(JALでの場合)

このような旅行がマイルだけで楽しめるので、日ごろのショッピングでも使う目的を持つことができます。

年間でどのくらい貯め、どこへ旅行に行くのかをまずは計画を立てると、より効率的にマイルの獲得ができるようになります。

【年会費有り】マイルが貯まるクレジットカードTOP3

では、【年会費有り】マイルがどんどん貯まるクレジットカードTOP3をご紹介します。

年会費はかかりますが、その分どんどんマイルが貯まれば実質的にお得になるカードばかりです。

マイルの貯めやすさや使いやすさなど、さまざまな側面から厳選して選びました。

1位:アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー

  • 年会費:10,000円
  • 提携航空会社:15社
  • 還元率(1マイル=1.5円で計算したもの):1.5%
  • 移行レート:1,000ポイント=1,000マイル
  • 入会ボーナス:3,000ポイント
  • マイルへの交換期限:無期限
  • 国際ブランド:AMEX

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーの最大の魅力は、対象航空会社28社や旅行会社2社での利用でポイントが3倍になるところ。

獲得ポイントは1ポイント=1円で旅行に利用も可能、マイルへの移行1,000ポイント=1,000マイルへ交換ができる、自由度の高い1枚です。

普段のお買い物でも1円=2ポイントが貯まるので、飛行機を利用しない間もどんどんマイルを貯めることができます。
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーの詳細はこちら

2位:MilagePlusセゾンカード

MilagePlusセゾンカード

  • 年会費:1,500円(マイルアップメンバーズ+5,000円)
  • 提携航空会社:ユナイテッド航空
  • 還元率(1マイル=1,5円で計算したもの):2.25%
  • マイルへの交換期限:無期限
  • 入会ボーナス:最大5,000マイル(VISAのみ)
  • 国際ブランド:VISA、AMEX、Master

マイレージプラスセゾンカードは年会費や還元率において優秀なクレジットカード。追加でマイルアップメンバーズに加入すると、1,000円=15マイルと高還元率になります。

コスモ石油での利用なら1,000円=20マイルとなり、ガソリンの利用によってもマイルが貯まります。

またANAでマイルを利用すると燃料サーチャージが無料になるのも大きなメリットです。

MileagePlusセゾンカードの詳細を見る

3位:ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

  • 年会費:7,000円
  • 提携航空会社:ANA
  • 還元率(1マイル=1,5円で計算したもの):1.5%
  • マイルへの交換期限:無期限
  • 移行レート:1,000ポイント=1,000マイル
  • 入会ボーナス:最大30,000マイル
  • 国際ブランド:AMEX

このANAアメリカン・エキスプレス・カードを使うことでANAマイルを無期限に貯めることが可能になります。

ふだんのショッピングでも100円=1ポイントを貯めることができ、参加費6,000円を支払うと、ポイントの有効期限が無期限に。好きなときにマイルへの交換をすることができます。

また条件を満たすことで入会ボーナス最大30,000マイルを受け取ることができ、家族カードへ申し込んだ場合は初年度年会費が無料になります。

ANA AMEXカードの申し込みはこちら

【初年度無料】マイルが貯まるクレジットカードTOP3

マイルも貯めたいけど、できれば年会費無料のクレジットカードを使いたいという方はこちらがオススメ。

ここでは初年度無料のマイルが貯まるクレジットカードTOP3をご紹介します。

年会費有りのクレジットカードより還元率は下がりますが、使い方の工夫次第でマイルをどんどん貯めることが可能です。

1位:JALカードSuica

JALカードSuica

  • 年会費:初年度無料(2年目以降は2,000円)
  • 提携航空会社:JAL
  • 還元率(1マイル=1,5円で計算したもの):1.5%
  • マイルへの交換期限:無期限
  • 入会ボーナス:最大2,100マイル
  • 国際ブランド:JCB

JALカードSuicaの最大のメリットは、モバイルSuicaの年会費1,000円が無料になるというところ。鉄道やバスでSuicaをよく利用する人や出張が多いビジネスマンにオススメ。

200円=1マイルが貯まるので、2年目以降は2,000円の年会費がかかりますがモバイルSuicaの年会費1,000円が無料になるので、実質お得に使えます。

2位:楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカード

  • 年会費:初年度無料(2年目以降は500円)
  • 提携航空会社:ANA
  • 還元率(1マイル=1,5円で計算したもの):0.5~2%
  • マイルへの交換期限:無期限
  • 移行レート:2ポイント=1マイル(ANA)
  • 入会ボーナス:最大9,000円相当の特典
  • 国際ブランド:VISA、Master、JCB

楽天ANAマイレージクラブカードは、楽天カードのスペックがそのまま使えて年会費が無料の頼れる1枚。

このカードの魅力は、「楽天スーパーポイントが貯まるコース」と「ANAマイルが貯まるコース」を自由に選択可能なところ。貯まったポイントをマイルに交換、マイルをポイントに交換することもできます。

楽天市場のポイントアップキャンペーンや、楽天提携店での利用では通常通り楽天スーパーポイントも付与されるので、1度に楽天ポイントとマイルが貯めることが可能。

この場合は200円=1マイルと2ポイントが貯まることになります。

2年目以降は年会費500円となっていますが、年1回1円以上のカード利用で無料になります。

>>楽天ANAマイレージクラブカードはこちら

3位:エポスカード

エポスカード

  • 年会費:無料
  • 提携航空会社:ANA、JAL
  • 還元率(1マイル=1,5円で計算したもの):0.5%
  • マイルへの交換期限:無期限
  • 移行レート:2ポイント=1マイル
  • 入会ボーナス:最大5,000円相当のポイント
  • 国際ブランド:VISA

エポスカードはマルイでのお買い物キャンペーン時にいは10%割引になるお得なカードですが、貯まったポイントは2ポイント=1マイルで交換可能。

年会費無料のクレジットカードですが、海外旅行傷害保険もついているので持っていて損はない1枚です。

ANAスカイコインへの移行なら2~3日で交換可能となっています。

こんな方にオススメのカードは?

利用額や利用頻度によってもクレジットカード選ぶの基準は変わります。

コンビニやスーパーでのお買い物で利用する人、水光熱費などの公共料金もクレジットカードで支払っている人、出張で日ごろから飛行機やホテルや鉄道を利用するビジネスマンではそれぞれ違います。

ここでは使用頻度や目的別それぞれのクレジットカードの選び方をご案内いたします。

クレジットカードのヘビーユーザーで旅行にもたくさん行きたい方

日ごろの支払いはほぼクレジットカードで済ます、そんなクレジットカードのヘビーユーザーで、旅行にもたくさん行きたい方にはやはりこれ。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーです。先ほどもご紹介しましたが、マイルがどんどん貯まる航空会社系のクレジットカードがオススメです。

年会費1万円がかかりますが、100円=2ポイントが付与されるのでクレジットカードヘビーユーザーであればポイントがまさにどんどん貯まるでしょう。

1ヶ月10万円=2,000ポイント、1年の利用=24,000ポイント

実質24,000マイルが獲得できます。

24,000マイルがあれば、東京ー沖縄への2人分の航空券へ交換することができます。

クレジットカード決済が毎月1〜2万円程度の方

月々のクレジットカードの利用は1~2万円程度であれば、年会費無料の楽天ANAマイレージクラブカードがオススメです。

楽天ANAマイレージクラブカードなら200円=1マイルが貯まるので、1万円の利用でも50マイルが貯まります。

1回のカード利用で2年目以降も年会費が実質無料で使えるので、あまりクレジットカードを使わない人でもマイルを貯めることができます。

 海外出張が多く、空港ラウンジをリッチに利用したいビジネスマンの方

海外への出張が多いビジネスマンにオススメしたいのが楽天プレミアムカードです。

年会費1万円が発生しますが、初年度は入会特典などで1万円やそれ相当のボーナスがもらえます。

最大メリットとしては世界中の空港120カ国の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティパス」の会員に無料登録できるというところ。

ラウンジ内ではフリードリンクやインターネットをくつろぎながら利用することができるので、忙しいビジネスマンにはぴったり。

もちろん国内空港でも利用は可能なので、プライベート旅行もリッチに移動できます。

まとめ

マイルを貯めて旅行に行きたいと思っていても、いざとなるとなかなか貯まらないものです。有効期限の壁に苦しむ人も多いので、クレジットカード選びは慎重に行いましょう。

気が付いたらこんなに貯まっていた!と感動できる1枚をぜひ探してくださいね。

\【本日限定】Tポイントが最高還元/


>>Yahoo! JAPANカードの申し込みはこちら
※カード入会特典が今日なら10,000円相当

お役に立てばシェアしてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。